令和1年 10月1日   十月の日影をあびて酒造り(飯田蛇笏)
  10月2日   草の花ひたすら咲いてみせにけり(久保田万太郎)
  10月3日   逝く人に留まる人に来る雁(夏目漱石)
  10月4日   虫の音に色ありとせば金と銀(東千秋)
  10月5日   そば時や月のしなのゝ善光寺(小林一茶)
  10月6日   山門をぎいと鎖すや秋の暮(正岡子規)
  10月7日   稲雀追ふ人もなし喧しき(高濱虚子)
  10月8日   柴犬の蝗散らして追ひ掛ける(永田満徳)
  10月9日   百舌鳥に顔切られて今日が始まるか(西東三鬼)
  10月10日   穴まどひ身の紅鱗をなげきけり(橋本多佳子)
  10月11日   秋の夜の寝ざめの咳はよくひゞく(日野草城)
  10月12日   あかつきや?なきやむ屋根のうら(芥川龍之介)
  10月13日   秋風に咲く山吹や鏡立(渡辺水巴)
  10月14日   青鹿毛のいま走りだす秋気かな(正木ゆう子)
  10月15日   霧濃ゆし馬蹄のこだま喝破とのみ(竹下しづの女)
  10月16日   なきながら家鴨流るゝ野菊かな(原石鼎)


▼過去の一句12        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年/令和1年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月