令和3年 4月1日   かぎりなく出てしやぼん玉落ちて来ず(橋本多佳子)
  4月2日   茶房より引鴨仰ぐことも江津(鈴木泰子)
  4月3日   花薊おのれも餓鬼に似たるよな(芥川龍之介)
  4月4日   鶏の声もきこゆるやま桜(野沢凡兆)
  4月5日   橋落ちてうしろ淋しき柳かな(正岡子規)
  4月6日   蘖の眼をつく丈けや山平ラ(飯田蛇笏)
  4月7日   女遠しぐんぐん伸びる松の蕊(西東三鬼)
  4月8日   メス入れてみたき牡丹の蕾かな(正木ゆう子)
  4月9日   遠足や出羽の童に出羽の山(石田波郷)
  4月10日   筍の藪を覚まさせる地震ひとつ(鈴木泰子)
  4月11日   天秤や京江戸かけて千代の春(松尾芭蕉)
  4月12日   春の雨埃のやうにはたきけり(永田満徳)
  4月13日   考へ事をしてゐる田にしが歩いて居る(尾崎放哉)
  4月14日   桜草の鉢またがねばならぬかな(高濱虚子)
  4月15日   大和岡寺菩薩の子なり蛙子も(松瀬青々)
  4月16日   葉ざくらや人に知られぬ昼あそび(永井荷風)
  4月17日   アネモネやひとりのお茶のしづごころ(日野草城)
  4月18日   あかるいうちに風呂をもらいに行く海が光る(尾崎放哉)
  4月19日   春眠や起きてゐるから眠くなる(あまの樹懶)
  4月20日   紫の映山紅となりぬ夕月夜(泉鏡花)


▼過去の一句        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年/令和1年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

令和2年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

令和3年        
 1月 2月 3月