平成31年 4月1日   蝶々のもの食ふ音の静かさよ(高濱虚子)
  4月2日   どの木にも触れてみたくて春の風(井芹眞一郎)
  4月3日   踏み込んで大地が固しげんげ畑(橋本多佳子)
  4月4日   子のたちしあとの淋しさ土筆摘む(杉田久女)
  4月5日   この城を花の器と思ふべし(永田満徳)
  4月6日   新しき角帽の子に母富まず(竹下しづの女)
  4月7日   花片の一と筋になり流れけり(臼田亞浪)
  4月8日   老の一徹疎まれてゐる金鳳花(今村潤子)
  4月9日   河原蓬が枯れて逢はぬいくにち(中塚一碧楼)
  4月10日   草はらにみんなおいでとたんぽぽ黄(東千秋)
  4月11日   地にたふれ根により花のわかれかな(松尾芭蕉)
  4月12日   村の灯のまうへ山ある蛙かな(芝不器男)
  4月13日   草にすわり飯ばかりの飯(種田山頭火)
  4月14日   まどろみゆ覚むれば春のゆふべなる(日野草城)
  4月15日   春の夜に読む近松の女かな(松瀬青々)
  4月16日   花散つてまだ吹く風や隅田川(永井荷風)
  4月17日   臨月の蹴つて朧の胎内なり(正木ゆう子)
  4月18日   行く春や逡巡として遅桜(与謝蕪村)


▼過去の一句12        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年        
 1月 2月 3月