令和3年 1月1日   若水や土瓶一つに角田川(小林一茶)
  1月2日   わらんべの溺るるばかり初湯かな(飯田蛇笏)
  1月3日   お降りや竹深ぶかと町のそら(芥川龍之介)
  1月4日   筆始歌仙ひそめくけしきかな(芝不器男)
  1月5日   虚子庵に不参申して寝正月(松本たかし)
  1月6日   かがみ餅母在して猶父恋し(加藤暁台)
  1月7日   よく切れる鋏おそろし水仙花(高橋淡路女)
  1月8日   神籤引く空くじなしの初稲荷(永田満徳)
  1月9日   君火を焚けよきもの見せむ雪まるげ(松尾芭蕉)
  1月10日   をとめ今たべし蜜柑の香をまとひ(日野草城)
  1月11日   おしひらく傘新しき深雪かな(原石鼎)
  1月12日   石に蝶もぬけもやらで凍てしかな(加舎白雄)
  1月13日   霜柱兄の欠けたる地に光る(西東三鬼)
  1月14日   俊寛と共に吹かるる千鳥かな(夏目漱石)
  1月15日   凍鶴に忽然と日の流れけり(石橋秀野)
  1月16日   橇の馭者昴を帽にかゞやかす(橋本多佳子)
  1月17日   妻も子もはや寝て山の銀河冴ゆ(臼田亞浪)
  1月18日   一滴の老を養ふ寒の水(東千秋)


▼過去の一句        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年/令和1年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

令和2年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月