平成31年 2月1日   寒声や高誦のまゝの朝ぼらけ(芝不器男)
  2月2日   封をして糊のはみだす四温かな(永田満徳)
  2月3日   節分や鬼もくすしも草の戸に(高濱虚子)
  2月4日   春が来て電柱の体鳴りこもる(西東三鬼)
  2月5日   梅の蕊媚びぬ女の長睫(今村潤子)
  2月6日   春めきてものの果てなる空の色(飯田蛇笏)
  2月7日   白魚椀鳥はも雲に入りにけり(久保田万太郎)
  2月8日   絶やさじと医業継ぐ子の大試験(東千秋)
  2月9日   乳房やああ身をそらす春の虹(富沢赤黄男)
  2月10日   昼ながら月かかりゐる焼野かな(原石鼎)
  2月11日   水の面に日はうつりつつ菖蒲の芽(長谷川素逝)
  2月12日   石段にのる事二尺春の潮(松瀬青々)
  2月13日   物憂けに獨り栄螺のうなだるゝ(尾崎紅葉)
  2月14日   春なれや名もなき山の朝がすみ(松尾芭蕉)
  2月15日   ひとすじの風が初音をつれて来し(井芹眞一郎)
  2月16日   つかの間の春の霜置き浅間燃ゆ(前田普羅)
  2月17日   樟の朱い芽むくむく山の斜面だ(北原白秋)
  2月18日   白桃や莟うるめる枝の反り(芥川龍之介)
  2月19日   背を凭せて風がひびける芽落葉松(橋本多佳子)
  2月20日   石笛を以て挨拶春の山(正木ゆう子)
  2月21日   山焼のひうち袋も古りにけり(石井露月)


▼過去の一句12        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年        
 1月