令和1年 8月1日   暗く夏の夜地を木の根走り(中塚一碧楼)
  8月2日   蝉死して声出し切つてをりにけり(井芹眞一郎)
  8月3日   お百度の素足音なく闇に透く(今村潤子)
  8月4日   朝曇り墓前の土のうるほひぬ(飯田蛇笏)
  8月5日   女王花ゆれてひらいてひそかに香(東千秋)
  8月6日   山の蚊の縞あきらかや嗽(芝不器男)
  8月7日   夏の果夕日の果を見てをりぬ(あまの樹懶)
  8月8日   ふるさとの幾山垣やけさの秋(芝不器男)
  8月9日   花火の夜兄へもすこし粧へり(正木ゆう子)
  8月10日   あさがほの日々とめどなく咲くはかな(久保田万太郎)
  8月11日   うら若き妻はほゝづきならしけり(日野草城)
  8月12日   身の秋や今宵をしのぶ翌も有り(与謝蕪村)
  8月13日   初恋や燈籠によする顔と顔(炭太祗)
  8月14日   想い出盆提灯の中に揺れ(成定ちえ)
  8月15日   軍艦が沈んだ海の 老いたる鴎(富沢赤黄男)
  8月16日   右の眼に大河左の目に騎兵(西東三鬼)
  8月17日   うつし絵の父娘みめよき生身魂(石橋秀野)
  8月18日   たびねして我句をしれや秋の風(松尾芭蕉)
  8月19日   寝られねば野のいなづまを顔にする(橋本多佳子)
  8月20日   秋草や昼は障子をはづし置く(瀧井孝作)
  8月21日   茄子ひけば蟋蟀こぼれこぼれけり(横光利一)
  8月22日   山川のくだくる水に秋の蝶(高濱虚子)


▼過去の一句12        
         
平成14年        
 8月 9月 10月 11月 12月

平成15年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成16年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成17年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成18年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成19年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成20年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成21年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成22年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成23年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成24年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成25年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成26年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成27年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成28年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成29年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成30年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月 8月 9月 10月
 11月 12月      

平成31年/令和1年        
 1月 2月 3月 4月 5月
 6月 7月